同人: ハードコアアーリーアダプターは、KIKのICOにデッド設定されているのはなぜ

USI Techは最も簡単&最もパッシブビットコインの投資であなたの人生を変えます

“私は見当がつかない長期強気と短期です。”

それはどのようにフレッド・ウィルソン, ユニオンスクエア・ベンチャーズのパートナー、今日の作業で最も広く尊敬されているVCの1, 金武のための暗号の一般的な市場、特に彼の見通しについての質問に答え, インクルード すぐに対するトークンを開始しました メッセージングアプリで作成されました, 誰.

ウィルソンは、マンハッタンのプリンスストリートに小さなイベントスペースにコメントをしました, の前に座って 28 KIKから空輸していた人 13 国 (日本を含みます, インド、オーストラリア), そして、KIKさんの保有者と思われたすべての人の イーサリアムと恒星のトークン.

KIKは新しいトークンのための大使の最初の波としての役割を果たすためにそれらを一緒に持っていました, Redditのに役立ちます, 電報, KIKグループとどこでも人々はそれについて話をしたい場合があります.

そう, ウィルソンは自信と不確実性のミックスを発現させた場合, 彼はただ、最新の市場のホットなテイクを与えていませんでした; 彼は部屋の中で支配的な感情と自分自身を整列しました, いくつかの混乱と混合願っています. そこに彼の役割の一部は、親族で有効にデジタルエクスペリエンスを収益化のための新しいモデルを支持し、真の信者の絶えず拡大円にKIKのゲストを入会するように見えました.

“私はそれが私の考えだったと言うではないでしょう, しかし、私は方法私はそれを考え出すに協力人々のグループの一つであっただろう,” ウィルソンは部屋に語りました. “明らかに, 私はそれは素晴らしいアイデアだと思います。”

ウィルソンは、その日の最後の炉辺談話中に話を聞きました, CoinFund CEOジェイクBrukhmanとの会話で.

CoinDeskは2日間のイベントが開かれたようKIK CEOのTedリビングストンにインタビューするイベントに招待されていました. その会話の間に, リビングストンは、2年前の難破船として自分自身を説明しました, 同社は、Facebookの所有製品に市場シェアを失ったとして、.

ウィルソンの占いで, 彼は暗号主導の戦略に周りの会社で彼の仲間の投資家を持って助けました, 今リビングストンは言うことができるように、:

“当社の投資家は非常に支持しています, それはそこに私たちにしばらく時間がかかりました。”

彼はFacebookの-Googleの広告複占に囲まれた広告でのメッセージングアプリを収益化することが不可能と見たものに直面して, リビングストンは精緻, “私たちの新しい計画は、新しい通貨を中心に、新たな経済を開発することでした。”

経済があります, もちろん, コミュニティがかかる一つの形, これKIKは、その初期の支持者間の結合を鍛造に投資している理由を説明するのに役立ちます, オンラインサービスを利用して多くの人々を販売することができ、より大きなものにKIKボードを販売している初期のサークルから幹部を拡大.

ここでの初期の擁護に関する面白いです, にもかかわらず: 概して, 彼らはKIKを使用していません. リビングストンとのインタビューの中, キンが登場する前に、我々は、彼らが大きなKIKユーザーだったかどうか群衆を尋ね. 唯一の5つまたは6彼らの手を上げました.

KIKが最初にこのアイデアを発表したときので、それが顕著です, 多くの人々は、潜在的な社会的な暗号競合他社に対するその不当な優位性として、既存の観客を見ました.

リビングストンは、ボランティア活動しました, “KIKの私達のユーザーが大幅に気づいていません。”

暗号サマーキャンプ

プリンスストリートの集会に到着は少しサマーキャンプに戻ってくるように感じました, たくさんの人が再会のその独特の精神とおしゃべりと. それだけではなかった再会 – これらの人々は、前の対面に会っていませんでした, 彼らはオンラインの話に多くの時間を費やしていました.

そして、親密な関係のある特定のレベルが確立されていたことが明らかになりました. 中にこの特定のヒットホーム (本当に必要ではありません) 特に1人のコミュニティメンバーが自分自身を紹介し砕氷ラウンド. “こんにちは, 私はディロンよ,” ボルチモアのディロン王は言いました. 誰もが拍手に押し入り. “そして、私は実際にはヨーダのようには見えません。”

その後、私たちは、王が親族の電報やRedditのチャンネル上で最も活発な声の一つであることを学ぶだろう. “私は一種の教育者の役割を果たしています,” 彼はCoinDeskに語りました.

王は集会で、男の多くのように服を着ていました (それは非常にほとんどすべての人でした), 紫のTシャツと黒のジッパー付きパーカーで, どうやらリビングストンへのオマージュで, 人はほぼ毎日、これら二つのことを身に着けています. 彼は最終的に彼が言ったカメラがローリングしているかのように、彼らは常に話をする必要はありませんでした設定でKIKスタッフから人々を満たすために得るために喜んでいたと述べました.

“一般的には私は皆に会いたいと思いました,” 彼が説明した.

私たちは、人々が同様にオフライン、オンライン本当の債券との関係を構築できることは古くから知られています, しかし、オンラインの人生はそれができるよう、現実の世界のような限りないような他の方法があります. そして、それは親族の背後にある原動力です: デジタルリアリティを深めます.

We want mainstream consumers to use cryptocurrency and we think the hardest problem with that is setting up a system, setting up an economy, in a place where they would actually use it,” Livingston told the room. That place is the internet, buying and selling for purely digital goods and services.

Livingston said they had focused on picking ambassadors who understood that there was a real opportunity in creating entirely digital markets. 実際には, he took it so far that he said he hopes to see such robust digital markets that people quit thinking in kin-dollar or kin-yen terms, and instead thinking fiat terms in real life and kin terms online.

Just like people don’t think about exchange rates when they buy lunch from the corner burrito place.

As we spoke to ambassadors on the floor, it was clear that they still had questions about how a stable economy could rest on unstable crypto. “There’s things I don’t understand,” Australia’s Will Gikandi told CoinDesk.

Gikandi took advantage of every Q&A to pepper each speaker with questions. It was clear that he wants to believe it could all work, but he still doesn’t quite see how.

The money

Probably the biggest applause line of the whole day came when Livingston said:

I’m not in this for a money, though I do think kin is going to be very valuable.

It helps here to step back and revisit what Livingston believes is so big about the kin idea. He saw himself surrounded by peer companies that had successfully built communities but couldn’t make money. The idea of kin is to create a way for all those companies to monetize without ads or user fees.

Livingston describes that economy as having two pieces: a cryptocurrency and a software platform that can reward developers for creating active markets for that cryptocurrency.

The strangest part of this whole kin idea is that second part, called the Kin Rewards Engine (KRE), controlled by the non-profit Kin Foundation. The idea is that developers will try to build apps that encourage users to exchange kin with each other.

We don’t want developers to charge consumers,” Livingston said. “We want to set up is what we call a consumer-to-consumer economy.

そう, someone might build an app where users send artists photos and pay them in kin to make drawings of them. The artist would keep all her earnings, but the KRE (which holds 60 percent of the kin that will ever be created) would pay the app’s developer every day relative to the amount of economic activity it created within the whole kin economy.

Wilson said that there’s lots of companies in his portfolio who would probably benefit from jumping on the KRE once its built, but he thinks there’s more opportunity with developers just having their first glimmer of an app idea now.

そうは言うものの, USV is so convinced that in the future tech companies will earn so much in tokens that its begun negotiating what it callstoken exchange agreementswith the companies it backs. In these agreements, it would have the option to exchange its equity for tokens a company has earned from doing business (not what they generated by issuing them in an ICO).

One member of the audience wanted to know when developers could begin building business models around the KRE?

Livingston wouldn’t commit, but he did give his interlocutor a standard by which to hold him accountable. There’s three ways Kik has to lead, he argued. It has to have a blockchain that can support a million users, it has to have lots of regular consumers actually earning and spending in crypto and it has to have a functional incentives system (like the KRE).

If any other company starts to show traction in any of those three areas, that’s when kin backers should start getting angry.

Who’s in first place. We have no idea. Nobody knows,” Livingston said, concluding:

The race hasn’t even started yet.

Photo of Ted Livingston welcoming kin supporters courtesy of Kik.

blockchainニュースのリーダー, CoinDeskは最高のジャーナリズムの基準のために努力してを遵守メディアアウトレットです 編集方針の厳格なセット. CoinDeskデジタル通貨グループの独立した事業子会社であります, cryptocurrenciesとblockchain新興企業に投資しています.

HTTPS://www.coindesk.com/kindred-spirits-hardcore-early-adopters-dead-set-kiks-ico/

USIテック最も簡単なパッシブビットコイン投資

返信を残します

このサイトは、スパムを減らすためにアキスメットを使用しています. あなたのコメントデータが処理される方法を学びます.